• 印刷する

プラ製レジ袋、1枚200ルピアを課税へ

インドネシアのスリ・ムルヤニ財務相は、リサイクルができない石油由来のプラスチック製レジ袋に対し、1枚当たり200ルピア(約1.5円)の税金を課す方針を明らかにした。テンポ(電子版)が2日伝えた。

レジ袋1キログラム(約150枚)当たり3万ルピアを課税する。スリ財務相は「(レジ袋の料金に)税金を上乗せすることで消費者の行動を変え、環境を害するプラスチックの利用を削減したい」と説明。「生分解性などリサイクル可能なレジ袋にも課税するが、税率は低水準に設定する」と述べた。

インドネシア小売業者協会(Aprindo)は3月、全国の近代小売店でレジ袋1枚につき最低200ルピアの有料化に踏み切った。200ルピアの税金が課せられると、レジ袋1枚の料金は450~500ルピアになる。

インドネシアでは、小売店9万店が年間約98億5,000万枚のレジ袋を消費している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:レジに並んでサイフを開…(02/18)

ジョコ第2期の支持率70% 就任100日、民間調査調べ(02/18)

1月の自動車輸入、前月比35%減の4281台(02/18)

プログラミング学習プロゲート、現法設立(02/18)

清水建設JVが契約調印、MRT第2期工事(02/18)

CIMB証券、個人向けネット株取引を開始(02/18)

1月の貿易収支、8.6億ドルの3カ月連続赤字(02/18)

19年12月の対外債務、前年同月比7%増(02/18)

国勢調査、先行のオンライン回答は2~3月(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン