• 印刷する

内国歳入庁、オンラインカジノへの徴税開始

フィリピンのドミンゲス財務相は1日、内国歳入庁(BIR)が、オンラインカジノ事業者(POGO)の雇用する外国人労働者から徴税すると明らかにした。徴税は今月から開始する。2日付ビジネスワールドなどが伝えた。

ドミンゲス氏は、同国には税金未納の外国人労働者が約10万人おり、1カ月当たり約20億ペソ(約42億円)の税収を見込んでいると述べた。年間では240億ペソとなる。同国での就労には、納税者識別番号(TIN)の取得義務があることも強調した。

財務省、内国歳入庁(BIR)、労働雇用省など省庁横断の作業部会はこれまで、公営賭博会社フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング(Pagcor)からPOGO205社中126社の従業員に関する情報を受け取っている。

タスクフォースが作成したPOGOで働く外国人のリストによると、労働許可(短期含む)を取得している外国人は約13万8,000人。平均月収は1,500米ドル(約16万円)で、総所得の25%の徴税から、年間320億ペソを徴収できると推定している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:結婚年齢が若い当地の人…(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

NEXCO中日本、海外初の現法設立(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

炭鉱セミララ、エネ省が採掘停止命令(11/21)

AG&P、ガス輸送でノルウェー同業と提携(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

ACエナジー、サンバレスで太陽光発電(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

LRT1号線、値上げ遅延で4億ペソ損失(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン