ちとせ、通年収穫味方に拡販 技術が生む高品質栽培や物流管理

ちとせアグリ・ラボラトリーは、マレーシア随一の農業地帯・パハン州キャメロンハイランズでイチゴとチェリートマトの通年栽培に取り組む。多くの日本人専門家が携わりながらも「日本式」を前面には出さず、味の良さと限りなく無農薬に近い栽培による「安全性」で売り込む。販路は…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

独ボッシュ、ペナンに半導体検査拠点を設置(20:25)

コロナ特需、ゴム手袋周辺産業にも恩恵(20:25)

テイクオフ:「商売繁盛ですね」。営…(06/04)

短期的な回復計画、月内発表 産業界は無利子融資など要望(06/04)

RM1=25.5円、$1=4.27RM(3日)(06/04)

就業者の7割が職場復帰、先月17日時点で(06/04)

上場企業1Q決算に失望感、半数が予想以下(06/04)

コロナ影響長期化、M&A加速を予想=EY(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン