• 印刷する

テイクオフ:はたして守られるのか、…

はたして守られるのか、無視されてしまうのか。上海市で7月1日から、ごみの分別について定めた新条例が施行される。同市でのごみ分別は以前からも進められてきたが、最近になり習近平国家主席がてこ入れを指示していることから、どれだけ厳格に適用されるかが注目される。なお違反者への罰金は個人で200元(約3,120円)、企業では5万元だ。

わがアパートでも昨年から、ごみの分別が始まっている。ただ、当初は「分別していないごみは回収しません」と強気だったが、住民があまりルールを守らなかったためか、なし崩し的に元の出し方に戻ってしまった。

さて、自身は来月に向けていま何をするべきか。今月中にできるだけごみを出しておく? それともニュービジネスのごみ分別業者を予約する? いやいや、ここはごみ分別では一日の長がある日本から来た者と言うことで、率先して周囲に範を示していきたい。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、5G需要に期待感 業績に自信、3Qは2割増収へ(07/19)

テイクオフ:2本のビール瓶の王冠を…(07/19)

環境保護で15業界に格付け 減産などで差、政府が検討か(07/19)

華為などの通信製品、公的機関の購買禁止へ(07/19)

商標の審査時間を短縮、年内に5カ月以内へ(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

住宅建設と公共工事、保証制度の活用促進(07/19)

貿易収支が2期連続赤字、上半期(07/19)

貧困層への少額融資後押し、銀保監会が指示(07/19)

映画大手4社、上半期の業績振るわず(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン