マグノリア、多世代居住型の高級住宅を開発

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ系列の不動産開発会社、マグノリア・クオリティー・デベロップメント(MQDC)は24日、バンコクと近郊で3件の多世代居住型の高級住宅開発事業に着手すると発表した。販売総額は199億バーツ(約700億円)。3世代などでの同居…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

SCGが廃棄物処理を強化 年内に新型ごみ発電、機器再生も(08/16)

米貿易開発庁、タイの太陽光発電事業を支援(08/16)

発電ラート、PTTとのガス調達契約を再考(08/16)

BTSグループ、4~6月の純益2.3倍に(08/16)

鉄鋼タタ、需要減退で4~6月は43%減益(08/16)

鋼材ミルコン、物流企業の割当増資引き受け(08/16)

マグノリアの川沿い高級コンド、入居開始(08/16)

政府、中国人・インド人旅行者のビザ免除へ(08/16)

【アジメシ】 新大久保で味わう タイの屋台デザート(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン