鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり

韓国鉄鋼業界が汚染物質の排出を巡り、製鉄所が立地する地方自治体との対立を深めている。製鉄所が行っている高炉のメンテナンス中にブリーダー(安全弁)と呼ばれるバルブを開いて高圧ガスを放出する従来からの整備方法を自治体が問題視。「無断で汚染物質を排出した」として、こ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(18:14)

新型肺炎が海運業界にも打撃 市況悪化、コンテナ取扱量5割減(18:22)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

(表)25日午後、新型肺炎の感染者977人(18:18)

2月の消費者心理指数、MERS並みの下落(18:24)

LG化学、米EVスタートアップに電池供給(16:39)

ロッテアルミ、東欧にEV電池部材工場建設(16:48)

テイクオフ:「感染予防への意識が欠…(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン