• 印刷する

テイクオフ:7月1日の中国返還記念…

7月1日の中国返還記念日に合わせ、香港に駐屯する人民解放軍の一部施設が、今年も市民向けに一般公開される。「逃亡犯条例」改正を巡り香港内外が揺れる中、23日に整理券計3万枚が指定の施設で事前配布された。

公開されるのは、昨年と同じ石崗(陸軍)、新囲(同)、昂船洲(海軍)の3カ所。今年は最も人気の高い、7月1日の昂船洲の整理券が若者限定となったのが特徴だ。配布当日、「朝から整理券を求め長蛇の列」と地元メディアが伝えていたが、東九龍の軍施設に着いた時にいたのは、普通話を話す若い女性2人と当方の3人だけ。整理券は配布終了の15分前でもわずかに残っていた。

市民の理解を促すことを目的に始まったこのイベント。返還後の恒例行事となりつつあるというが、理解はどれだけ進んでいるだろうか。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

社会不安が労働者に影響 建設など110万人に、工聯会(07/19)

スタンチャート、経済成長予測を下方修正(07/19)

4~6月の失業率、15期横ばいの2.8%(07/19)

一部統計でマイナスも、政府は業界と協議へ(07/19)

抗議デモ、小売店への影響拡大=売上半減も(07/19)

高級賃貸オフィス、6月成約面積は6割減(07/19)

金鐘の企業が共有オフィス検討、デモ対策で(07/19)

極小住宅で損失か、本土デベロッパー(07/19)

「資金流出起きていない」、金発局会長(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン