• 印刷する

テイクオフ:相手の発言を聞き終わる…

相手の発言を聞き終わる前に横やり。しまいには怒鳴り声も混じった口げんかの様相に発展。そんな日本の政治討論番組を見てきた者にとって、台湾の番組は斬新だ。出演者は順番を守って発言し、終始穏やかな意見交換が続く。「日本のテレビ局も見習うべき」。台湾に来た当初はそう思っていた。

しかし台湾の政治・メディア事情を知るにつれ、そうも言えなくなった。台湾のテレビ局は党派色が強いことが多い。表面的には討論をしているようでも、実はそもそも局と同じ思想を共有する評論家や政治家ばかり集め、プロパガンダを行っている場合も珍しくないのだ。

台北では23日、一部メディアが過度に中国寄りであることに対し、大規模な抗議集会が開かれた。穏やかな討論はなれ合いと表裏一体。参加者はむしろ、口げんかのような熱い討論を求めているのかもしれない。(陳)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: メディア・娯楽政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

鴻海の1Q売上高が45%減も、肺炎響く(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

遠伝の資本的支出、今年は16年以降最多に(02/21)

亜太、2Qにも越境モバイル決済サービス(02/21)

台湾企業のシール型体温計に注目、肺炎で(02/21)

太極能源がSiCウエハー参入、4Q量産へ(02/21)

中油と台塑化に逆風、肺炎で業績下振れも(02/21)

コンビニ、冷凍・調理済み食品の販売好調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン