【変貌インド医療】インドで進むAI医療 新興企業がけん引、日系も参入

医療に人工知能(AI)を活用する試みがインドで広がり始めている。広大な国土と13億の人口を抱える現地では、患者の数に対して病院や医師が足りていない。その解決策としてスタートアップ企業がAIによる診察や診断システムを開発し、医療の需給ギャップ解消に乗り出している。…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1年ぶりに帰国した日本…(11/19)

強みのエックス線機器で攻勢 富士フ、予防診断医療を推進(11/19)

日鉄とミタルのエッサール買収、最高裁が承認(11/19)

中国の長安汽車、インド進出に向け準備着々(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

起亜自が販売網増強、目標は年度末の300カ所(11/19)

パーム油輸出でUAE、中国企業と提携(11/19)

連邦直轄地ラダック開発、5千億ルピー拠出(11/19)

オディシャ州、計175億ルピーの投資を承認(11/19)

米との鉄鋼貿易紛争、印が報復の可能性(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン