【変貌インド医療】インドで進むAI医療 新興企業がけん引、日系も参入

医療に人工知能(AI)を活用する試みがインドで広がり始めている。広大な国土と13億の人口を抱える現地では、患者の数に対して病院や医師が足りていない。その解決策としてスタートアップ企業がAIによる診察や診断システムを開発し、医療の需給ギャップ解消に乗り出している。…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:バラナシで心に残ってい…(07/23)

JCBがデビットカード発行 8行で、海外決済の需要増に期待(07/23)

輸出拡大へ、工業連盟が有望な31品目を特定(07/23)

インフラ事業345件、3.3兆ルピーの費用超過(07/23)

印の特恵関税除外、米企業の税負担3億ドル(07/23)

米専門職ビザ、約7割をインド人が取得(07/23)

国営通信BSNL、7400億ルピーの再建案(07/23)

ティックトック、国内にデータセンター新設へ(07/23)

複合RIL、通信塔事業をカナダ企業に売却(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン