【変貌インド医療】インドで進むAI医療 新興企業がけん引、日系も参入

医療に人工知能(AI)を活用する試みがインドで広がり始めている。広大な国土と13億の人口を抱える現地では、患者の数に対して病院や医師が足りていない。その解決策としてスタートアップ企業がAIによる診察や診断システムを開発し、医療の需給ギャップ解消に乗り出している。…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:欧米などに続き、インド…(01/18)

ワクチン2種の接種開始 初日に約19万人、医療従事者ら(01/18)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/18)

MGモーター、来年に手頃なEVを投入(01/18)

三輪車製造など公営2社、清算の方向(01/18)

鉄鋼大手、ワクチン確保で政府と協議(01/18)

デリーのハイアットホテル、再エネ社が提訴(01/18)

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/18)

送配電GE、エンジ部門をグループ内で売却(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン