【新・知財最前線は今】具体的行為態様の提示義務について

File No.130 2019年1月8日、韓国特許法の一部を改正する法律案(法律第16208号)が公布されました。今回の改正においては、侵害行為の具体的態様を否認する者に自己の具体的な行為態様を提示する義務を課す規定(第126条の2)と、他人の特許権を故意に侵害した者に、損害として…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

SKインフォが中国現法、系列向けに供給(10/18)

イースター航空に売却説、日本路線など不振(10/18)

インドネシアとCEPA合意 来年発効、鉄鋼・自動車に恩恵(10/18)

ロッテ会長が執行猶予付き有罪、安定経営へ(10/18)

韓国カカオ、越でグラブ利用サービスを開始(10/18)

日本製品不買、政府など公共機関でも拡大(10/18)

サムスンのブランド価値、世界6位(10/18)

9月の自動車産業、生産と輸出が低迷(10/18)

現代自の電動車販売、トヨタに次ぐ2位(10/18)

群山にEV拠点、政府の共生型雇用地域に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン