【新・知財最前線は今】具体的行為態様の提示義務について

File No.130 2019年1月8日、韓国特許法の一部を改正する法律案(法律第16208号)が公布されました。今回の改正においては、侵害行為の具体的態様を否認する者に自己の具体的な行為態様を提示する義務を課す規定(第126条の2)と、他人の特許権を故意に侵害した者に、損害として…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

自己破産申請4.6万件、産業都市で増加顕著(17:23)

ポスコケミ、バッテリー正極材の生産4倍に(16:41)

サムスン電子のブランド価値、世界5位(16:24)

LGイノ、照明用LED事業などから撤退(16:25)

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

テイクオフ:中国・武漢で見つかった…(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

韓国の貿易赤字国、1位は5年連続で日本(01/29)

19年4Qの民間支出、6四半期連続減(01/29)

現代自、販売網の構築に5億ドルの追加投資(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン