• 印刷する

テイクオフ:世界空港ランキングで上…

世界空港ランキングで上位の常連であるシンガポールのチャンギ空港。そんな同空港で航空機の安全な飛行を脅かす存在がドローン(小型無人機)だ。

シンガポール民間航空庁(CAAS)によると今月中旬、空港付近でドローンが無断飛行したことから、37便が遅延などの影響を受けた。24日にもドローンの違法飛行などのため25便の運航に支障が出た。政府は空港や空軍基地から5キロメートル以内の地域や、200フィート(約61メートル)を超える高さでのドローン飛行を禁じている。違反すれば最大2万Sドル(約160万円)の罰金か最長12カ月の禁錮刑、またはその両方が科される。

電子商取引(EC)サイトでドローンを探すと、50~60Sドルと手頃な商品が多く見つかる。価格は安いが、誤った使い方をすれば国内経済に与える打撃は大きい。使用する前にいま一度、利用規定を確認した方がよさそうだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

輸出が4カ月連続で2桁減少 電子は過去最低、通年マイナスも(19:23)

砂糖調整品の生産能力1.5倍へ、三井物産(19:33)

米ウィーワーク、金融街のビル1棟賃借へ(17:28)

データ保護責任者の評価基準、当局が設定(17:28)

デング熱の感染者数、過去3年半で最多に(17:29)

テイクオフ:知り合いの地元不動産エ…(07/17)

歩数に応じてポイント付与 通信最大手、健康意識の高まりで(07/17)

仏蒸留酒大手ペルノ、ヨマ合弁に34%出資(07/17)

健康食品ファイン、東南ア拡販へ新会社(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン