• 印刷する

テイクオフ:世界空港ランキングで上…

世界空港ランキングで上位の常連であるシンガポールのチャンギ空港。そんな同空港で航空機の安全な飛行を脅かす存在がドローン(小型無人機)だ。

シンガポール民間航空庁(CAAS)によると今月中旬、空港付近でドローンが無断飛行したことから、37便が遅延などの影響を受けた。24日にもドローンの違法飛行などのため25便の運航に支障が出た。政府は空港や空軍基地から5キロメートル以内の地域や、200フィート(約61メートル)を超える高さでのドローン飛行を禁じている。違反すれば最大2万Sドル(約160万円)の罰金か最長12カ月の禁錮刑、またはその両方が科される。

電子商取引(EC)サイトでドローンを探すと、50~60Sドルと手頃な商品が多く見つかる。価格は安いが、誤った使い方をすれば国内経済に与える打撃は大きい。使用する前にいま一度、利用規定を確認した方がよさそうだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

世帯月収1.4%増、所得格差は18年ぶり低水準(02/21)

シンガ企業、南部でSEZなどに投資検討(02/21)

労働コスト2.8%上昇、サービス業が押し上げ(02/21)

累計85人、新たに1人(20日正午)(02/21)

新型肺炎で企業向けガイドライン、人材省(02/21)

政府がマスク調達多様化、国産化も検討(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン