• 印刷する

豪LNG輸出額、2年で数十億ドル減の恐れ

液化天然ガス(LNG)のスポット価格の低迷を受け、LNGの長期供給契約の更新で値下げ圧力がかかるとみられることから、オーストラリアのLNG輸出が今後2年間で数十億豪ドル減少するリスクがある――。金融クレディ・スイスのアナリストのカボニッチ氏が指摘している。21日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

カボニッチ氏は20日のオーストラリア・エナジー・カンファレンスで、一部の日本のバイヤーと結んでいるLNGの長期供給契約の価格が現在のスポット価格の2倍に上っていると説明。今後数年間はこの傾向が続くとの見方を示している。また、LNGの供給過剰も、日本をはじめとするアジアの顧客と結んでいる長期契約の今後の価格設定に影響を与える見通しという。アジアの顧客とのLNGの長期供給契約では通常、LNG価格が原油価格と連動している。

同氏によれば、新規契約のLNG価格の引き下げは、既存契約の更新時にも影響を及ぼす見通し。特に日本のバイヤーは値下げを求めるとみられるという。同氏は、値下げを迫られることを確実視し、値下げ幅がどの程度になるかの問題だと主張。オーストラリアとパプアニューギニアのLNG輸出業者は、輸出額が数十億豪ドル目減りするリスクにさらされていると述べた。

これに対して、石油サントスのノーマン氏は、LNGの長期供給契約では価格の変動の範囲が規定されているため、価格が見直されるとしても緩やかなものにとどまるとみている。


関連国・地域: オーストラリアパプアニューギニア日本アジア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の環境省が公開した…(08/16)

豪州の防疫強化税、導入遅延 海運業界が猛反発(08/16)

資源依存の中国、豪には強硬態度を取れず?(08/16)

国税局、法律事務所の流出書類利用が可能に(08/16)

7月失業率4カ月連続で横ばい、就業者増も(08/16)

豪ショッピングCの賃料収入、今後10年苦しい(08/16)

豪大手の会計手数料、4割以上が非監査業務(08/16)

VIC、発電所故障で夏季に電力価格高騰か(08/16)

豪の資源中小企に機会、EV普及見込みで(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン