エバー、22日まで30便超欠航 CAがスト決行、労使交渉決裂

航空大手の長栄航空(エバー航空)と台湾航空会社の客室乗務員が加入する労働組合、桃園市空服員職業工会(空服工会)の労使交渉が難航していた問題で、空服工会は20日に開いた労使交渉でも両者の意見の隔たりが大きかったことから、同日午後4時からエバー航空の客室乗務員による…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

仁宝、20年PC出荷量は横ばい維持へ(04/01)

日月光が資金調達計画、277億元超か(04/01)

群聯が新工場着工、22年初めに稼働開始へ(04/01)

PCB欣興、資本支出を過去最高の240億元(04/01)

裕隆が36%減資、創業以来初(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン