BHP、対中戦略で輸出石炭高エネ化に着手

英豪資源大手BHPは、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ハンターバレーのマウント・アーサー炭鉱で生産する一般炭について、エネルギー含有量の見直しを検討しているもようだ。1キログラム当たり約5,500キロカロリーから、日本や韓国からの需要が高い6,000キロカロリー…

関連国・地域: 韓国オーストラリア日本
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで在宅勤…(04/01)

給与補助、申請既に20万件 600万人が恩恵か(04/01)

豪労働市場、IT・医療・財務で需要拡大(04/01)

バニングス閉鎖の危機、マイヤー契約違反も(04/01)

小売大手が発注中止、サプライヤーに圧力(04/01)

自動車部品大手、コロナ理由に?支払い遅延(04/01)

競争委、スーパー大手の独占加速を懸念(04/01)

商業施設は営業時間短縮、テナント閉店多く(04/01)

スマホ位置情報での感染監視、豪は不支持(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン