19日指数は続伸、米・アジア株高受け買い優勢

19日の台湾株式市場で、加権指数は続伸。終値は前日比208.60ポイント(1.97%)上昇し10,775.34ポイント、売買代金は1,408億5,900万台湾元(約4,870億円)だった。 米トランプ大統領が18日、中国の習近平国家主席と電話で会談し、月末に大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の1月売上高、春節と新型肺炎響く(11:37)

テイクオフ:内湖区で毎年行われる元…(02/17)

台湾事業7割が新型肺炎影響 NNA調査、調達先変更の検討も(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

5産業が肺炎の影響深刻、自動車は減産も(02/17)

台湾からの入国制限解除、マカオも検討(02/17)

新型肺炎の感染20人に、初の死者(02/17)

湖北省の指示で再開延期、PCB業に打撃(02/17)

ノートPC5社、1月は春節で軒並み減収(02/17)

群創光電、19年は7年ぶり最終赤字(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン