• 印刷する

日鉄ソリュ、東南アジア初のベンチャー投資

日鉄ソリューションズ(東京都中央区)は19日、インドネシアのベンチャーキャピタル(VC)「アルファJWCベンチャーズ」が運営するファンドに出資したと発表した。出資額は非公表。日鉄ソリューションズが東南アジアのVCに出資するのは初めて。

アルファは総額1億米ドル(約108億円)規模のファンドを募集、投資家から集めた資金は、インドネシアや他の東南アジア諸国のスタートアップ企業に投資する。投資を予定している企業は主に、フィンテック(ITを活用した金融サービス)や電子商取引(EC)、ITメディアなどの事業を手掛けている。

アルファはこれまでに第1号のファンド(5,000万米ドル規模)を募集、23社に投資しており、今回が2回目。

日鉄ソリューションズの現地法人、日鉄ソリューションズ インドネシアは、これらのスタートアップ企業と連携して、当地の日系企業を中心にITサービスを提供していく。同社の小林啓(こばやし・けい)社長は、具体的な事例として、同社の税金計算システムを利用している顧客企業が、オンライン納税システムを提供する「オンライン・パジャック」のサービスを活用して税金を納付できるようにする仕組みを構築することを挙げた。

日鉄ソリューションズは、2014年にインドネシア法人を設立。15年には、インドネシアのIT企業サクラ・システム・ソリューションズに、現地法人を通じて51%を出資した。サクラ社は現在、現地の日系企業を中心に、給与計算や勤怠管理などの人事システムのパッケージを主に提供している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

所得税減税や優遇の一本化へ オムニバス税法、識者に聞く(下)(02/21)

衣料H&M、EU経済制裁で生産体制見直し(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

政策金利引き下げ、新型肺炎の影響を懸念(02/21)

ブカシ当局、中国人作業員の隔離を要請(02/21)

パナソニック、家庭用エアコンを初輸出(02/21)

JNTO、初のオンライン旅行フェアを開催(02/21)

国内セメント販売、1月は7.5%減(02/21)

宅配シチェパット、EC利用者に送料割引(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン