• 印刷する

日鉄ソリュ、東南アジア初のベンチャー投資

日鉄ソリューションズ(東京都中央区)は19日、インドネシアのベンチャーキャピタル(VC)「アルファJWCベンチャーズ」が運営するファンドに出資したと発表した。出資額は非公表。日鉄ソリューションズが東南アジアのVCに出資するのは初めて。

アルファは総額1億米ドル(約108億円)規模のファンドを募集、投資家から集めた資金は、インドネシアや他の東南アジア諸国のスタートアップ企業に投資する。投資を予定している企業は主に、フィンテック(ITを活用した金融サービス)や電子商取引(EC)、ITメディアなどの事業を手掛けている。

アルファはこれまでに第1号のファンド(5,000万米ドル規模)を募集、23社に投資しており、今回が2回目。

日鉄ソリューションズの現地法人、日鉄ソリューションズ インドネシアは、これらのスタートアップ企業と連携して、当地の日系企業を中心にITサービスを提供していく。同社の小林啓(こばやし・けい)社長は、具体的な事例として、同社の税金計算システムを利用している顧客企業が、オンライン納税システムを提供する「オンライン・パジャック」のサービスを活用して税金を納付できるようにする仕組みを構築することを挙げた。

日鉄ソリューションズは、2014年にインドネシア法人を設立。15年には、インドネシアのIT企業サクラ・システム・ソリューションズに、現地法人を通じて51%を出資した。サクラ社は現在、現地の日系企業を中心に、給与計算や勤怠管理などの人事システムのパッケージを主に提供している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

バリ空港、イスタンブール直行便が就航(07/19)

ゴジェックとアストラ、自動車リースを開始(07/19)

国内最大の自動車展が開幕 25ブランド出展、起爆剤となるか(07/19)

自動車展:4トップ、電動車など新技術紹介(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

自動車展:スズキは「ジムニー」を販売(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

自動車展:日系商用車3社、新モデル発表も(07/19)

自動車展:VWは組み立て生産を再開(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン