モディ内閣の住宅政策に期待 低価格2千万戸、実現に正念場

2期目に入ったモディ政権の住宅政策にインドの不動産業界が期待感を示している。第1期に始動した住宅供給政策「ハウジング・フォー・オール」(PMAY)や、不動産規制法(RERA)などの改革が継続されるためだ。目玉政策のPMAYは、2022年までに2,000万戸を整備する目標…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

印ホテルOYO、契約者が不満点を指摘(02/21)

テイクオフ:南はいい。例えばベンガ…(02/20)

鉄鋼業界、大手3社が赤字 価格下落が影響(02/20)

英GFG、インドの鉄鋼2社を買収(02/20)

英JLR、新型肺炎で工場閉鎖の可能性(02/20)

アップル製品、新型肺炎で早くも品薄に(02/20)

インド向け農水産物輸出、中国代替で拡大へ(02/20)

LED電球の値上げも、新型肺炎の影響で(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン