• 印刷する

日本酒普及で香港社に出資、クールジャパン

日本の官民ファンドであるクールジャパン機構は18日、香港とマカオを含む中国でワイン卸売事業を展開する香港社に約22億円を出資したと発表した。中国で日本酒の流通を拡大するのが目的。

ワイン卸売りのEMWの持ち株会社であるトリオの発行済み株式を取得した。クールジャパン機構は今後、日本の蔵元に中国進出の足がかりとなる流通・販売プラットフォームを提供する。各銘柄の魅力やストーリーを伝える啓発やマーケティングもEMWの現経営陣と共同推進するなどして、中国市場での日本酒のプレゼンス向上と輸出拡大へ貢献していく方針だ。

中国への日本酒輸出額は2014年に6億9,000万円だったが、18年には35億9,000万円と5倍以上拡大した。ただ、多くの蔵元は現地パートナーを見つけることが難しい状況で、継続的に販売・マーケティングを行う拠点や人材不足から、中国進出に踏みとどまっているのが現状という。

一方、EMWはワインの次の主力商材を模索していたほか、日本酒に関するネットワークや知識、デジタルマーケティングのノウハウを求めていた。

EMWは2003年の設立で、従業員は150人以上。現在香港のほか、北京、上海、深セン、成都、マカオの6カ所に拠点を置く。世界15カ国の80ワイナリーと独占販売契約を結び、中国の150以上の都市に、高級ホテルやレストランを中心とした3,500以上の販売チャンネルを持つ。テイスティングイベントや教育プログラムなど中国でのワインの啓発やマーケティングにも強みを持つ。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

地銀15行がオンライン商談会 日系143社参加、コロナ下で初(06/15)

アジアの海洋保全促進へ ADBと中国処理大手が提携(06/15)

週末4日で感染4人、域内ゼロ=計1万1878人(06/15)

中国がアプリで個人情報取得と報道、政府否定(06/15)

韓国とコロンビア、「高リスク」に引き上げ(06/15)

8日ぶり反発、石油銘柄高い=香港株式(06/15)

物価連動債第8弾、200億ドルに増額へ(06/15)

取引所、SPAC上場で3Qに意見公募へ(06/15)

サイバー攻撃対策、金融機関でばらつき(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン