• 印刷する

テイクオフ:シンガポールは教育熱心…

シンガポールは教育熱心な国で知られている。小学4年の試験で学力別にクラスが分かれ、中学校、高校での成績に応じた学校やクラスの振り分けは日本以上にシビアだと聞いている。現地の知人の双子は、小学校でクラスが別に、中学校で学校が別になってしまって嘆いていた。

自身の子どもの幼稚園を探す際に、教育省の認定を受けたカリキュラムを提供するところをいくつか見学したが、5~6歳児が2桁の計算や漢字を書いているのを見て驚いた。ひらがなをなんとなく書き始め、大半の時間はお遊戯という日本とは大違いだ。勉強ができる園児のために「お受験」に備えたカリキュラムも用意しているところも少なくない。

うちも早めに将来に備えようかと考える横目で、無邪気に遊ぶ我が子。まだ足し算もできないし、勉強はあまり好きそうでない。時期尚早か。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

世帯月収1.4%増、所得格差は18年ぶり低水準(02/21)

シンガ企業、南部でSEZなどに投資検討(02/21)

労働コスト2.8%上昇、サービス業が押し上げ(02/21)

累計85人、新たに1人(20日正午)(02/21)

新型肺炎で企業向けガイドライン、人材省(02/21)

政府がマスク調達多様化、国産化も検討(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン