反ダンピング法、通常国会で可決

ラオス国会は14日、開会中の第7回通常国会で、反ダンピング(不当廉売)関税と相殺関税(CVD)に関する法案を可決した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が17日伝えた。 ケンマニ・ポンセナ工業・商業相は「法案の可決は、世界貿易機関(WTO)加盟国としての責務の一環」…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

規定超過の公用車、閣僚は返還を=副首相(07/18)

ラオスの人気アプリ、首位はワッツアップ(07/16)

米が農家の市場開拓支援、4年で900万ドル(07/15)

ビエンチャン政府、外国人労働者の登録推進(07/12)

JICAの海外協力隊員が首相を表敬訪問(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン