ソーラー発電、M&Aが活況 今後の焦点はFITとPPA改善

ベトナムで今月末に迫る太陽光発電の固定買い取り制度(FIT)の適用期限を前に、同分野への外国企業による合併・買収(M&A)投資が増加している。電力需要の拡大は確実だが、外資が独資で参入することが難しい。7月以降に向けては、FITの延長案や投資環境の改善を見守る…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ジョリビー越展開、拡大期に 本国フィリピンの「再現」に自信(07/23)

通信市場の健全化へ厳格措置 政府、SIM無料配布の越系に罰則(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

HCM市オフィス賃料、供給増も上昇続く(07/23)

ベトナムの不動産市場、外国投資家が注目(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

FLC、ドンタップ省サデックで都市区着工(07/23)

PVガス、2Qは原油値下がりで5%減益(07/23)

GE、風力発電事業の拡大に意欲(07/23)

鉄鋼ホアセン、4~6月は減収増益(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン