• 印刷する

パネル友達、後工程の台湾移管を検討

液晶パネル世界大手の友達光電(AUO)の彭双浪董事長は14日、米中貿易摩擦の先行き不確実性が強まっているとして、先端技術のハイエンド製品や一般商品、産業用、車載向けといった製品の生産を台湾で行う考えを明らかにした。彭董事長は、その上で、ドライバーICの取り付けやバックライトに組み付けるモジュールの後工程について、中国から台湾に移す方向で検討していると述べた。いずれも株主総会後の記者会見で述べた。15日付経済日報が伝えた。

彭董事長は、現在パネル製造は台湾に集中させ、モジュール工場の多くを中国に置いていると説明。一方、生産ライン運用の効率化を進めるため、効率の低い生産ラインの整理を始めたほか、昨年には中国の上海松江工場を閉鎖し江蘇省蘇州工場に集約するなど、米中貿易摩擦の影響を見ながら中国と台湾で生産ラインの調整を行っていると明らかにした。その上で、安定的に利益を出すため、ハイエンド製品の生産を台湾で行う準備を進めると強調した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(15:49)

韓国で新型肺炎拡大、電子製品を台湾振替か(19:37)

新型肺炎、感染者30人に拡大(19:42)

韓国から入境の外国人に隔離措置、25日から(19:58)

テイクオフ:米アカデミー賞で4冠と…(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

新型肺炎が花見シーズン直撃 訪日台湾人、過去15年で最少か(02/24)

親日台湾でも肺炎対応批判、不信広がる(02/24)

航空業界が政府に救援策要求、近く提出へ(02/24)

TSMC、STマイクロとGaN開発で提携(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン