• 印刷する

ウーバー、バジャジの小型四輪車を導入

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは13日、インドの二輪・三輪車大手バジャジ・オートと提供すると発表した。バジャジの小型四輪車(クアドリサイクル)「キュート」を配車サービスに導入する。PTI通信などが伝えた。

「ウーバーXS」のサービス名で、キュートの運用を開始する。まずは南部ベンガルール(バンガロール)限定でサービスを展開する。料金は、自動車を使ったサービスで比較的料金が安い「ウーバー・ゴー」とオートリキシャ(三輪タクシー)を使った「ウーバー・オート」の中間帯となる。

キュートは、バジャジが今年3月に発売した国内初のクアドリサイクルで、定員は運転手を含め4人。排気量216ccの水冷バルブエンジンを搭載する。バジャジは、駅など公共交通機関と目的地までの「ラストマイル」を結ぶ移動手段としてキュートをPRしている。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冷戦時代、日本と欧州の…(07/17)

上期の住宅販売は22%増 回復基調続く、供給の6割が低価格(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

電動二輪ヒーロー、南部で工場設置を計画(07/17)

印企業の景況感、6月は過去最低水準に低下(07/17)

6月の卸売物価は2%上昇、2カ月減速(07/17)

貿易赤字、6月は152.8億ドルに低下(07/17)

インド企業、気候変動のリスクを懸念(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン