首都の衛星都市開発進まず 韓国主導、資金難で業者逃亡

カンボジアの首都北部で開発されている衛星都市「カムコシティー」の計画が暗礁に乗り上げている。建設業者の融資返済が滞り経営者が逃亡し、国際指名手配になっている。当初計画の完成時期が過ぎても開発はほぼ止まったままで、完成にもほど遠い状況だ。カンボジア高裁は14日、同…

関連国・地域: 韓国カンボジア
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(13:17)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

アクレダ銀が4月上場、全株の5%を公募(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

首都に大型病院開設へ、投資額500億円超(02/28)

シエムレアプ宿泊業に税控除、新型肺炎で(02/28)

特恵引き換えのケム・ソカ氏釈放なし=首相(02/28)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン