• 印刷する

テイクオフ:香港にライチの季節がや…

香港にライチの季節がやってきた。赤々とした果皮が店頭を彩り、一際まぶしい。ライチと言えば、思い出すのは中国留学時代。クラスメートらの私への呼び名が、まさに「ライチ」だった。日本語の名字を普通話のピンインで呼んだ音に由来する。

華南地区のある都市で暮らし始めたころ、知人の日本人女性が、私の呼び名を知り、「年頃の女性になんてひどいことを」と憤った。当時私の肌荒れがひどかったので、容姿を指してライチと呼ばれていると誤解したらしいのだ。一瞬戸惑ったが、すぐに理解し、逆に申し訳ないような気持ちになったのを覚えている。今なら「中身を見てください!」などと明るく笑いに変えられたのに。

香港では広東語が主流のため、ライチと呼ぶ人はほぼいなくなったが、ライチの話題が出ると、今でもちょっと気恥ずかしいような、懐かしいような思いがする。(真)


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2月の小売売上高、44%減 落ち込み過去最大、コロナが打撃(04/01)

支援基金第2弾は数百億ドル規模、政府方針(04/01)

新たに32人が感染、累計714人に(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

隔離病床が飽和状態、感染者入院待ちも(04/01)

2月の住宅価格指数、2.1%下落(04/01)

1Qの中古住宅取引、成約数は25%増(04/01)

2月の住宅ローン承認額、5%減(04/01)

2月の人民元預金、前月比4.3%増(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン