中華汽車、楊梅工場のスマート化計画を始動

自動車製造台湾大手、裕隆集団に属する中華汽車(CMC、三菱自動車系)の厳陳莉蓮董事長は13日に開催した創業50周年の祝賀行事の中で、商用車の生産強化を図るための「藍天計画」の始動を宣言した。同計画では、桃園市楊梅区の工場の自動化やスマート化を図る。14日付工商時報な…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シーメンスガメサが台中港区入居、設備生産(20:22)

テイクオフ:台北駅地下の台北地下街…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

3大中核技術を強化、鴻海の新董事長(07/23)

交通ビッグデータ産業、5年で規模10倍へ(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

大江生医が細胞治療参入、3年で業績貢献(07/23)

大成鋼、隆美買収でカーテン市場参入(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン