米パシフィコ、ムイネーの太陽光発電所稼働

ベトナム南部ビントゥアン省ファンティエット市ムイネーで12日、米系パシフィコ・エナジー(ベトナム)と英系資産運用会社ドラゴン・キャピタルが手掛ける太陽光発電所が稼働した。総出力は40メガワット(MW)。13日付ベトナム・エコノミック・タイムズが伝えた。 同発電所は…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

トヨタ、MPV「アバンザ」新型を発売(07/19)

自動車とバイク登録料、算定基礎価格が改定(07/19)

ビントゥアンの国際港、外国貨物船が初寄港(07/19)

タイ、ベトナムの車輸入規制をWTOで提議(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

首相、有料道路へのETC設置強化を要請(07/19)

コージー株、HNXからHOSEに移行(07/19)

製紙の正隆、2億米ドルでベトナム工場拡張(07/19)

建設コテコン、2Q利益は4年間で最低(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン