• 印刷する

ミシュラン、印でトラック向けタイヤリース

フランスのタイヤ大手ミシュランは、トラックにタイヤをリースするサービスをインドで始める考えだ。無線自動識別(RFID)チップを利用し、走行距離に応じて料金を徴収する。フロラン・メネゴー最高経営責任者(CEO)の話としてビジネス・ライン(電子版)が12日伝えた。

RFIDを通じて走行距離やタイヤ修理のデータを取得する。今年末を期限に、販売する全てのトラック向けタイヤにRFIDを取り付ける計画だ。これによりインドでのリースが可能になるという。

トラック業界の動向を追跡するインド輸送調査訓練財団(IFTRT)によると、タイヤはトラックの運用費の35%を占める。リースが浸透しているブラジルでは、トラック事業者が負担するタイヤの費用が従来の半分に減ったという。

メネゴーCEOによると、ミシュランは収入の9割をタイヤの販売が担う。最近はリースをはじめとするサービス事業を強化する方針で、米国や英国、フランス、ドイツ、イタリアなどでトラック向けのリースを展開している。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドにいくつの言語・…(07/18)

越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧(07/18)

ユニクロ、首都圏で秋に3店舗オープン(07/18)

「単一小売の外資規制を近く緩和」、商工相(07/18)

充電インフラの関心表明募集、6千台分(07/18)

NTT子会社、太陽光発電でタタと合弁(07/18)

電通、データ分析会社ウガムを買収(07/18)

印との砂糖紛争、WTOに解決要請=豪政府(07/18)

風力スズロン、1.7億ドルの債務不履行(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン