緯創、摩擦回避で米に新工場建設を検討

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の緯創資訊(ウィストロン)の林憲銘董事長は12日に開いた株主総会後の会見で、米国のメキシコへの制裁関税発動による影響を回避するため、米国に新工場を設ける計画があると明らかにした。候補地として、テキサス州、東海岸付近、西海岸…

関連国・地域: 中国台湾フィリピン米国中南米
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「輸出受注の下げ幅圧縮へ」、経済部(11:47)

テイクオフ:台湾総統選まで50日余…(11/21)

10月の輸出受注、3.5%減に 1年連続でマイナス、電子上向き(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

晶元光電、来年の資本的支出を50億元超に(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

仁宝、米MSと工業IoT市場を開拓(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

微星科技、米企業とモバイルゲーム市場開拓(11/21)

納智捷が開発パートナー模索、リスク軽減へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン