緯創、摩擦回避で米に新工場建設を検討

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の緯創資訊(ウィストロン)の林憲銘董事長は12日に開いた株主総会後の会見で、米国のメキシコへの制裁関税発動による影響を回避するため、米国に新工場を設ける計画があると明らかにした。候補地として、テキサス州、東海岸付近、西海岸…

関連国・地域: 中国台湾フィリピン米国中南米
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

星耀能源、屏東県で太陽光発電所を着工(13:33)

テイクオフ:台北で酷暑が続く中、最…(08/10)

7月輸出が5カ月ぶりプラス 前年比0.4%増に、IT好調継続(08/10)

経済部とシスコ、5Gオープン化で提携(08/10)

鴻海、中国・昆山工場で5G部品生産(08/10)

聯発科とインテル、5G対応PC開発で提携(08/10)

国巨の7月売上高2倍に、米同業の買収効果(08/10)

中美晶が宏捷科の増資引き受け、筆頭株主に(08/10)

大哥大と台塑汽車、自動運転商用車を公開(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン