緯創、摩擦回避で米に新工場建設を検討

EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の緯創資訊(ウィストロン)の林憲銘董事長は12日に開いた株主総会後の会見で、米国のメキシコへの制裁関税発動による影響を回避するため、米国に新工場を設ける計画があると明らかにした。候補地として、テキサス州、東海岸付近、西海岸…

関連国・地域: 中国台湾フィリピン米国中南米
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

AI活用のバーチャル試着、元智大が開発(18:38)

テイクオフ:ふたを開ければ、韓国瑜…(07/18)

19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正(07/18)

ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か(07/18)

長天科技、業績不振で全従業員を解雇へ(07/18)

ヤゲオ高雄工場で40人解雇、違法の可能性も(07/18)

TSMC新竹工場の都市計画変更、政府承認(07/18)

シャープが賞与年4回検討、短期の成果と連動(07/18)

ギョク登、FBのWiFi認証に参加(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン