• 印刷する

首都LRT第2期、13キロを南北に延伸へ

インドネシアの首都ジャカルタの軽量軌道交通(LRT)の建設工事を請け負う州営建設会社ジャカルタ・プロパティンド(ジャクプロ)は11日、第2期工事で南北に合計で約13キロメートルを延伸すると明らかにした。13駅を増設し、第1期工事で完成した6駅と合わせて19駅の路線とする計画だ。

ジャカルタLRTの第1期は、北ジャカルタ・クラパガディン地域のプガンサアンドゥア駅・車両基地から東ジャカルタのベロドローム駅まで5.8キロメートルを結ぶ。ウェブサイトで公募した一般客を乗せて試験運行を11日に開始した。

ジャクプロのイワン・タクウィンLRTプロジェクト担当部長はNNAに対し、北端プガンサアンドゥア駅と北ジャカルタに建設が計画される「ジャカルタ・インターナショナル・スタジアム(別名BMWスタジアム)」を結ぶ区間と、南端のベロドローム駅から南ジャカルタ・マンガライ地区までを結ぶ区間を、それぞれ延伸すると明らかにした。北に延びる区間には7駅、南の区間には6駅が設置される。

現在は、事業化調査と基本設計を作成しており、9月の終了を目指しているという。

イワン部長はさらに、プガンサアンドゥア駅に接続する形で、商業施設とアパートを建設する計画があることにも言及した。具体的な規模は明らかにしていないが、ジャクプロは建設事業に参入することを検討しているという。

「プガンサアンドゥア駅に直結するアパートは、低所得層向けの物件として開発が計画されている」と話すLRTジャカルタのアラン社長=11日、ジャカルタ(NNA撮影)

「プガンサアンドゥア駅に直結するアパートは、低所得層向けの物件として開発が計画されている」と話すLRTジャカルタのアラン社長=11日、ジャカルタ(NNA撮影)

プガンサアンドゥア駅南隣の北ブールバール駅前には、既に大型商業施設「モール・クラパガディン」が営業している。

ジャクプロ子会社LRTジャカルタのアラン・タンディオノ社長によると、ジャカルタ特別州の所有地に建設するアパートは、低所得者層向けに開発されるという。

北ブールバール駅(右)は、商業施設「モール・クラパガディン」(左)とは直結しておらず、駅の階段を下りて数百メートル迂回(うかい)しなければならない=11日、ジャカルタ(NNA撮影)

北ブールバール駅(右)は、商業施設「モール・クラパガディン」(左)とは直結しておらず、駅の階段を下りて数百メートル迂回(うかい)しなければならない=11日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外に住む日本人にとっ…(01/30)

19年投資額は12%増の6兆円 中国が2位に上昇、投資額倍増(01/30)

スカルノ・ハッタ空港に隔離室を新設(01/30)

中国の園芸作物、複数の企業が輸入停止(01/30)

KFC運営社、タコベル1号店を4月に開業(01/30)

アサヒ、タイ企業とのカルピス合弁解消(01/30)

マツダが新型SUVを発売、目標600台(01/30)

国営鉱業持ち株会社、債務が5倍に急拡大(01/30)

国営企業病院の持ち株会社「日本と協力」で(01/30)

国営製鉄の債務再編計画、銀行団10行と合意(01/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン