• 印刷する

法律事務所、個人情報漏えいで罰金

シンガポールの個人情報保護委員会(PDPC)は、顧客の個人情報を漏えいしたとして、法律事務所のマシュー・チョン・パートナーシップに8,000Sドル(約64万円)の罰金支払いを命じた。

PDPCによると、マシュー・チョン・パートナーシップでは17年8月から9月にかけて事務職員が顧客宛ての2通の電子メールを誤って別の顧客に送信。住所や身分証明書の番号、住宅ローンを借りている銀行の名前といった個人情報が流出した。17年9月には業務執行社員とデータ保護担当者が顧客の告訴人に宛てた電子メールを当該案件とは無関係の2人の顧客に送信した。

PDPCは最初の2件の事務職員が同一人物で、短期間で2度もミスを犯していることなどを問題視。同法律事務所に対して個人情報保護法(PDPA)で定められているデータ保護対策を講じていなかったとして罰金を科したほか、60日以内にデータ保護対策を実施するよう命じた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(14:07)

グローリー、地場キャッシュアウト会社に出資(18:27)

クレカ発行数が4年で8%減、規制強化が背景(18:27)

家電販売TT、投資会社が4800万Sドル融資(18:27)

ポーラ化成工業、皮膚科学研究所と共同研究(18:27)

薬剤師登録が可能な海外認定校、61校に半減(18:27)

乗用車の新規車両登録、上半期は7%減(18:27)

企業庁と地場VC、HCM市と企業支援で提携(18:27)

次世代航空エンジンの開発加速 ロールスロイス、産学共同研究で(07/19)

訪日旅行喚起へ航空会社と提携、政府観光局(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン