アジア4国選挙、政権が勝利 社会分断・景気停滞の懸案残る

タイ、インドネシア、フィリピン、インドで3~5月に行われた国政選挙や大統領選挙は、いずれも政権側が勝利した。4カ国は、インフラ開発や構造改革など目玉政策を継続させる。ただ、インドネシアでは選挙結果に不満を持つ群衆が暴動を起こすなど社会の分断も露呈した。アジアの…

関連国・地域: タイミャンマーシンガポールインドネシアフィリピンインド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(15:30)

保険市場成長に弾み期待 外資開放後、初のサミット(06/14)

テイクオフ:タイ出張中に訪れた西部…(06/14)

〔寄り道〕日本の中古車があふれる…(06/14)

投資環境改善へ業務標準化、6関連機関で(06/14)

外資もコメ輸出が可能に、商業省が規制緩和(06/14)

10~5月の農産品輸出額、11%増(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

マグウェー、ガソリン精製を企業に認可(06/14)

マグウェーの警察幹部ら、収賄容疑で告訴(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン