• 印刷する

テイクオフ:ビジネス街マカティ市は…

ビジネス街マカティ市は、銀行の看板と現金自動預払機(ATM)ばかり。ふらりと立ち寄れるギャラリーに出会えず、アートに親しむ機会がめっきり減った。先日、アヤラ博物館に向かうと「改装のため2020年まで休館」との告知。ユーチェンコ博物館に移動するも「VIP向けの日」と入館お断り。炎天下の中、二度空振りだった。

急きょ、リサール州アンティポロ市にあるピント美術館へ。首都圏を見下ろす高台に、地中海風の白壁の建物。医者のオーナーが80年代からコレクションする絵画や彫刻が、緑豊かな敷地内に展示されている。マルコス政権下で反政府的な活動を行ったアーティスト集団の作品を購入し支援したことが、同美術館の出発点という。フィリピンの現代アートへの理解を深めるには最適だ。

お気に入りの空間が見つかり心躍ったが、慢性的な渋滞で、同地へは車で片道1時間半。当地のアート・シーンに触れるのは、マカティにいる限り容易ではないようだ。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ首都圏、16日以降も制限緩和を維持(19:55)

テイクオフ:某米系動画配信サービス…(07/16)

コロナで電子決済2.4倍 現金払い社会、急速に変化(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

コロナ感染新たに1392人、累計5万8850人(07/16)

比、閣僚3人目コロナ感染(07/16)

コロナ軽症・無症状者、隔離基準を厳格化(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン