• 印刷する

テイクオフ:怒号やモノが飛び交う中…

怒号やモノが飛び交う中、もみ合うデモ参加者と警官たち。香港で本当に起こっていることとは信じ難い気持ちでテレビ画面に見入った人も多いのではないか。逃亡犯条例改正に反対するデモは10日未明に警察と一部のデモ参加者が衝突する事態に発展した。

今回のデモは4月末のデモと比べて盛り上がりも緊張感も明らかに上だった。9日夕方、デモの目的地だった立法会(議会)周辺は改正に抗議する群衆の掛け声が響き、写真を撮りながら圧倒された。午後9時を回っても立法会を目指して行進する人波は途絶えない。一体どう収拾するのだろう。そんな疑問が頭に浮かんでいた。

香港のデモや集会にはこれまで理性的なイメージがあった。実際、夕方まではその印象だったが、夜が深まるにつれて状況は変わっていった。今後どうなるのか。まずは頭を冷静にして考えることが大切だろう。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(16:33)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

外出敬遠、宅配事業が盛況 ホテルも提携、デジタル決済増加(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

香港政府、韓国からの入境を禁止へ(02/25)

香港の旅行社、韓国旅行を中止=感染拡大で(02/25)

政府衛生当局、日韓避けるよう呼び掛け(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン