特急事故で運転士ら過失致死罪で起訴、台湾検察

【台北共同】台湾で昨年10月に死者18人を出した特急列車脱線事故で、地元検察は6日、過失致死罪で特急を運行する台湾鉄路管理局(台鉄)の運転士や技術責任者ら計3人を起訴した。 検察によると、運転士は列車の速度を抑える「列車自動制御保護システム」(ATP)を切った状態…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

台塑石化、VLSFOの試験販売を開始(12:10)

緑能の解散問題、取引6行の損失計15億元か(12:14)

テイクオフ:台湾で暑くなると気にな…(07/17)

サンマ漁獲枠の導入議論、東京で国際会合開幕(07/17)

果物輸出が半年で過去最高に 5割増額、政府支援が追い風(07/17)

HTC、高雄のVRテーマパークを改装(07/17)

マツモトキヨシ、香港に現地法人(07/17)

電動二輪車の購入補助、工業局は来年も維持(07/17)

中鋼構が中国撤退、昆山工場を生産停止(07/17)

アパレル儒鴻、アジア企業のM&Aを計画(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン