• 印刷する

《日系進出》屋根補修のトヨコー、現法設立へ

トヨコーは、独自開発した「スプレーカバー(蘇生)工法」で屋根を塗装する(同社提供)

トヨコーは、独自開発した「スプレーカバー(蘇生)工法」で屋根を塗装する(同社提供)

屋根の防水・断熱・補強工事やレーザー装置を用いたクリーニング事業を手掛けるトヨコー(静岡県富士市)は、タイのバンコクに現地法人を設立する。タイでは進出から数十年が経過した日系製造業も多く、工場の老朽化が進んでいることから、屋根補修の需要を取り込みたい考えだ。

トヨコーの広報担当者によると、現法は来年4月に事業を開始する予定。今年12月までレンタルオフィスに入居し、年末に現法オフィスを開設する予定という。資本金は300万円で、トヨコーが100%出資する。

独自開発した「スプレーカバー(蘇生)工法」で屋根を塗装し、耐震補強や雨漏り防止につなげる。タイに進出する日系企業のほか、現地企業もターゲットとする。

タイは日本よりも紫外線が強いことから、関西ペイントや米ダウ・ケミカルの現地拠点と協力し、紫外線への耐久性が高い材料の開発や実験を進めている。「タイで東南アジアの気候に合わせた工法を展開し、同じような気候環境にあり、工場の多い周辺国へ事業を拡大することを想定している」(同広報担当者)。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造建設・不動産サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィスの最寄り駅周辺…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

タイ大手の環境経営に高評価 ESG銘柄の選出、東南アで最多(09/24)

EEC開発予算、20年度は600億円割り当て(09/24)

研究開発費、19年は32%増の7千億円規模へ(09/24)

VAT還付窓口の事業、申請受付を近く開始(09/24)

ブルーライン延伸区間、全11駅で試験運行(09/24)

泰との共同開発海域、R&Dに400万ドル支援(09/24)

タイ国鉄、民間との列車の共同運行を検討(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン