• 印刷する

テイクオフ:まるで、ホラー映画の1…

まるで、ホラー映画の1こまのようだった。寝室の壁と床、半径60センチメートルにわたって広がる「アリ」の大群。先日購入したシンガポール版「アリの巣コロリ」の効果で巣の中に身を潜めていた彼らが、一斉に出てきてしまったのだ。

事の発端は、浴室の壁を歩く1匹のアリとの遭遇。ちょうど近くに巣とみられる穴も発見した。「まだ居たのか」と、迷わず手元にあった殺虫スプレーを吹きかけた。しかし、この安易な判断が、大きな間違いだった。

風呂から上がった私を待ち構えていたのは、何やら忙しなく動く黒い物体。目を凝らしてよく見てみると、数分前にスプレーをかけた浴室の壁のちょうど真裏に、100匹を超える大量のアリが群がっていた。当地の独身一人暮らしはシェアハウスが一般的だが、そろそろアリとの「シェア」からは卒業したい。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【CSRの今】食品廃棄物を2年で4割削減 仏アコー、AI・再分配活用で(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

米商工会の7割超、新型肺炎で減収予測(02/28)

人件費削減、キャピタランドとSMRTも(02/28)

DBS銀、中小企業支援策の第2弾発表(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

商業施設の客足、ほぼ通常水準に回復(02/28)

サービス業売上高、8四半期ぶりに伸び拡大(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン