• 印刷する

国内270店以上の外食店、プラ製ストロー廃止へ

世界自然保護基金(WWF、本部・スイス)は3日、シンガポールで7月1日までに270店以上の外食店がプラスチック製ストローの使用を中止すると発表した。

WWFシンガポール支部は1月、同国の国家環境庁(NEA)、非政府組織(NGO)ゼロウェイストSGの支援を受けて、プラスチック削減キャンペーン「PACT」を開始すると発表。当初は現地で事業展開する9社がPACTへの参加を表明していたが、現在は15社まで増えた。

15社には、◇シンガポール動物園などを運営するワイルドライフ・リザーブズ・シンガポール◇アコーホテルズ・グループ◇ヒルトン・ホテルズ◇スパ施設やカフェなどを展開する地場スパ・エスプリ・グループ◇飲食店サラダストップ!◇ベトナム料理店を運営するアンナム◇バーやカフェを展開するタッドキャスター・ホスピタリティー◇不動産開発ポンティアック・ランド・グループ――などが含まれる。

これらの参加企業が展開する計270店以上の店舗で、顧客の特別な要求がない限り、7月1日までにプラスチック製ストローの提供を中止する。

WWFは企業に対し、不必要なプラスチック製品の使用中止や、持続可能な素材を使った製品の導入を呼び掛けている。

シンガポールでは、7月1日までにサラダストップ!を含む270店以上の外食店がプラスチック製ストローの使用を中止する(NNA撮影)

シンガポールでは、7月1日までにサラダストップ!を含む270店以上の外食店がプラスチック製ストローの使用を中止する(NNA撮影)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(12:56)

次世代航空エンジンの開発加速 ロールスロイス、産学共同研究で(07/19)

訪日旅行喚起へ航空会社と提携、政府観光局(07/19)

ドンドンドンキ、8月1日に5号店開業(07/19)

東南ア成長率を4.8%に下方修正=開発銀(07/19)

日韓貿易摩擦、電子業界に新たな逆風も(07/19)

中小企業の期日内支払い、2年ぶり高水準(07/19)

インディゴ、来月22日から国際線2路線就航(07/19)

米8×8、クラウド企業を135億円で買収(07/19)

欧州2社、自動車サービスの共同店舗開設へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン