• 印刷する

国内270店以上の外食店、プラ製ストロー廃止へ

世界自然保護基金(WWF、本部・スイス)は3日、シンガポールで7月1日までに270店以上の外食店がプラスチック製ストローの使用を中止すると発表した。

WWFシンガポール支部は1月、同国の国家環境庁(NEA)、非政府組織(NGO)ゼロウェイストSGの支援を受けて、プラスチック削減キャンペーン「PACT」を開始すると発表。当初は現地で事業展開する9社がPACTへの参加を表明していたが、現在は15社まで増えた。

15社には、◇シンガポール動物園などを運営するワイルドライフ・リザーブズ・シンガポール◇アコーホテルズ・グループ◇ヒルトン・ホテルズ◇スパ施設やカフェなどを展開する地場スパ・エスプリ・グループ◇飲食店サラダストップ!◇ベトナム料理店を運営するアンナム◇バーやカフェを展開するタッドキャスター・ホスピタリティー◇不動産開発ポンティアック・ランド・グループ――などが含まれる。

これらの参加企業が展開する計270店以上の店舗で、顧客の特別な要求がない限り、7月1日までにプラスチック製ストローの提供を中止する。

WWFは企業に対し、不必要なプラスチック製品の使用中止や、持続可能な素材を使った製品の導入を呼び掛けている。

シンガポールでは、7月1日までにサラダストップ!を含む270店以上の外食店がプラスチック製ストローの使用を中止する(NNA撮影)

シンガポールでは、7月1日までにサラダストップ!を含む270店以上の外食店がプラスチック製ストローの使用を中止する(NNA撮影)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

人材確保は域内他国より容易、ヘイズ調査(11/22)

ビル管理ISO、植物園などの改修工事受注(11/22)

1~9月商業不動産投資、都市別で世界8位(11/22)

地場天然ゴム大手、アフリカでNGOと提携(11/22)

1~9月の起業純増数、前年同期下回る(11/22)

3Q経済成長率の改定値0.5% 前期より回復、今後は上昇基調か(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

3Q輸出額1割減、通年の伸び率下方修正(11/22)

MRTの新車両基地、中国企業が受注(11/22)

日系店舗が多い商業施設、再開発確定(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン