• 印刷する

アデランス、台北に初の路面店オープン

アデランスは1日、台北市大安区に「愛徳蘭絲 台北復興店(アデランス台北復興店)」をオープンした。台北市内では初の路面店で、台湾では11店舗目。台湾事業を好感し、競争が激しい台北市の繁華街「東区商圏」に新店舗を設けた。台湾では2021年度までに15店舗展開を目指す。

アデランス台北復興店は、台北捷運(台北MRT)忠孝復興駅そばの復興南路一段に設けた。2階建てで、営業面積は計40坪。女性向け既製品ウィッグのラインアップがアデランス台湾店の中で最も多いのが特長。また、男女オーダーメードのウィッグや日本で人気のある増毛商品の提供や白髪の美容サービス(カット、シャンプー、パーマ、ヘアカラー)なども行う。ウィッグの販売価格は8,000~8万5,000台湾元(約2万7,500~30万円)。

同店の近くには、日本国内のアデランスサロンと同じくヘアサロン機能を完備したオーダーメード・ウィッグがメインの「愛徳蘭絲 台北忠孝店(アデランス台北忠孝店)」があるため、ニーズに応じて店舗を案内できるのがメリットという。

アデランスによると、台湾事業の業績は堅調に推移しており、今後も成長が見込まれることから、激戦区と言われる東区商圏に出店した。新規出店で新たな顧客の獲得を目指す。

同社はNNAに対し、「台湾では今後、20年に新規2店、21年に2店出店し、21年度中の15店舗展開達成を目標としている」と述べた。

「アデランス台北復興店」のイメージ図(アデランス提供)

「アデランス台北復興店」のイメージ図(アデランス提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

AI活用のバーチャル試着、元智大が開発(18:38)

テイクオフ:ふたを開ければ、韓国瑜…(07/18)

19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正(07/18)

ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か(07/18)

長天科技、業績不振で全従業員を解雇へ(07/18)

ヤゲオ高雄工場で40人解雇、違法の可能性も(07/18)

TSMC新竹工場の都市計画変更、政府承認(07/18)

シャープが賞与年4回検討、短期の成果と連動(07/18)

ギョク登、FBのWiFi認証に参加(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン