ダムの決壊、調査委「不可抗力ではない」

ラオス南部アタプー県サナムサイで昨年7月、建設中のダムが決壊した事故について、同国の国家調査委員会は28日、「決壊は不可抗力ではなかった」とする調査結果を明らかにした。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が伝えた。 調査委員会は事故原因の究明を、ダムの設計・運営の技…

関連国・地域: 韓国タイラオス
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

配車サービスのロカ、ランサン保険と提携(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

国営4社、ラオス―ベトナムの鉄道建設へ(10/22)

日本工営、ルアンパバーンをスマート都市に(10/21)

全国民に社会保障、新制度を導入へ(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

農薬の事前登録制度導入、安全性確保が目的(10/18)

ラオス・タイの通信合弁、5Gを導入準備へ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン