• 印刷する

テイクオフ:カンヌ国際映画祭で最高…

カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールにポン・ジュノ監督の「パラサイト」が選ばれた。韓国映画の同賞受賞は初めてだ。30日の韓国公開を控え、国民から期待の声が高まっている。

ポン・ジュノ監督は2003年に公開された「殺人の追憶」で一躍脚光を浴び、06年の「グエムル、漢江の怪物」では観客動員数1,300万人を記録。韓国を代表する映画監督の1人となった。

彼の代表作には実力派俳優のソン・ガンホ氏が主演に起用されている。シリアスで繊細な演技は、ポン・ジュノ監督の作品に欠かせない。今回の「パラサイト」でも主役を演じた。

近年、韓国の映画界は「興行主義」になりがちで、2000年代に日本でも人気を集めた重厚な内容の映画が極端に減っている。韓国トップの監督と俳優が作り出したカンヌ作品で、この流れを変えてほしい。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国初の豚コレラ確認、畜産業への打撃懸念(12:47)

テイクオフ:韓国のお盆に当たる秋夕…(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

Thaco、起亜工場をアップグレード(09/17)

次期大統領、知日派がトップに=世論調査(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

日韓改善へ首脳対話焦点、「機運なし」も(09/17)

TASECO、韓国ファンドに子会社株売却(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン