• 印刷する

テイクオフ:スーパーやコンビニで、…

スーパーやコンビニで、カットマンゴーが売られる季節になった。食べやすい大きさに切られ、1カップ60~80台湾元(210~280円)ほど。デザートにちょうど良く、食事と合わせてつい買ってしまう。

ところが台湾人の友人いわく、「マンゴーの食べ過ぎは体に良くない」。果物の中でも糖度とカロリーが高い上、ウルシ科に属するため皮膚アレルギーを引き起こすこともあるという。

とはいえ、日本では高級フルーツのイメージがあり、価格の安い台湾でたくさん食べようとマンゴーを使ったかき氷店に並ぶ日本人観光客の姿もよく目にする。ちなみに日本で大人気のタピオカミルクティーも高カロリーだ。

どちらも日本ではしょっちゅう買い求めるわけにはいかないが、新鮮なマンゴーを好きなだけ食べられるのは在住者の特権。6~8月の最盛期の間だけは、友人の忠告を聞かなかったことにしたい。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(16:24)

新型肺炎、感染者22人に増加(19:14)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:ん、音が鳴ったぞ。いつ…(02/18)

電子業、近く供給網断裂か 新型肺炎で、受注減などに懸念(02/18)

1~2Qに2%成長割り込みも、中経院(02/18)

鴻海、中国の生産比率を7割に引き下げへ(02/18)

遠伝、電気メーターに通信設備を設置(02/18)

パネル2社の資本支出が過去最低、増産せず(02/18)

電動バスの華徳、1.9億元で受注獲得(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン