• 印刷する

時速600キロのリニア、モデル車両を公開

山東省青島市で23日、最高時速600キロメートルの磁気浮上式高速リニアモーターカーのモデル車両が公開されるとともにラインオフした。24日付科技日報などが伝えた。

公開されたのは、中国政府が国家プロジェクトとして開発を進める高速リニア。2020年には試作品が完成する見通しだ。

中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)の中核子会社で同リニアプロジェクトを担当する中車青島四方機車車両(山東省青島市、中車四方)の技術関係者によると、同車両は軽量化に成功した一方で強度や剛性に優れ、走行時の騒音が少ないのが特徴。位置検知や速度計測といった性能指数も世界トップレベルだという。

高速リニアモーターカーのモデル車両。最高時速は600キロメートル=23日、山東省青島市(新華社)

高速リニアモーターカーのモデル車両。最高時速は600キロメートル=23日、山東省青島市(新華社)


関連国・地域: 中国-山東
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

サムスンペイ、DANAとゴーペイと提携(15:08)

豊田織機、江蘇と山東でカーエアコン部品生産(17:19)

テイクオフ:コービー・ブライアント…(10/14)

中国訪台規制、影響が鮮明化 国慶節効果なく、リストラ続出も(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

米中が貿易協議で部分合意 15日の関税引き上げ凍結(10/14)

小米出資の家電3社、日本市場へ進出(10/14)

経済交流や印企業の投資拡大、中印首脳会談(10/14)

安川電機の純利益66%減、米中貿易摩擦が影響(10/14)

集中暖房で石炭使用も容認、李首相(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン