暴動による経済損失、最低でも7.6億円

インドネシアのジャカルタ商工会議所(カディン)のサルマン・シマンジョラン副会頭は、大統領選挙の結果発表を受けて首都で発生した暴動による経済損失は、商業取引だけでも1,000億~1兆5,000億ルピア(約7億6,168万円~113億9,542万円)に上ると述べた。国営アンタラ通信が23日…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアの企業トップ、保護主義を警戒(13:43)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

テイクオフ:ジャカルタから上海行き…(06/18)

国内初のカプロラクタム工場 原料の自給化で石化産業強化へ(06/18)

首都で来月、中国製電気バスの試験走行開始(06/18)

5月の日系自動車販売数、18%減の7.9万台(06/18)

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(06/18)

バンドン空港から新空港へ路線移行を開始(06/18)

オラントゥア小売り強化、100店舗目を開業(06/18)

小売売上高指数、4月の伸び率は1桁台(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン