隔週4日も、進む働き方改革 中小との格差拡大も

韓国のSKグループが隔週4日勤務制を実施するなど、韓国企業で「働き方改革」が進んでいる。労働時間の上限を52時間(残業含む)に短縮する改正勤労基準法が2018年7月に施行されて以降、大企業では社員に対する勤怠管理を勤務時間中心から仕事の中身を問う方向にシフトしている…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポスコ、インドネシアに車鋼板工場を新設か(17:07)

新型コロナ感染者9976人、死者は169人に(12:24)

テイクオフ:韓国では依然として新型…(04/02)

危機回避へ大胆な金融政策を INSEADのファタス氏に聞く(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

新型コロナ感染者9887人、死者は165人に(04/02)

ソウル市、在留外国人にマスク10万枚提供(04/02)

3月輸出0.2%減、1カ月で再びマイナスに(04/02)

新型コロナで主要業種18%減収、見通し暗く(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン