太陽光発電の整備加速を提唱、業界団体

カンボジア太陽光エネルギー協会が、水力発電所よりも太陽光発電所の整備を優先すべきと主張している。太陽光発電所の方が短期で建設でき、コストが抑えられるため、電力需給がひっ迫する現在の状況に適しているという理由だ。クメール・タイムズ(電子版)が23日伝えた。 同協会…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】首相動く、苦渋の改革断行 ゆがむ成長(3)企業寄りに転換(06/21)

日本精密、カンボジア法人2社を合併(06/21)

上海企業、米中摩擦で自転車生産を移管(06/21)

華為技術、香港との海底ケーブル敷設を計画(06/21)

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請(06/21)

【カンボジア経済通信】ファーウェイの支援受け5G導入へ 第346回(06/21)

HAGLのゴム子会社、Thacoに売却へ(06/21)

実習生で虚偽申請疑い、団体役員ら書類送検(06/21)

【後発国の挑戦】EU制裁、高まるリスク ゆがむ成長(2)米中摩擦は好感(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン