家電バジャジ、昨年度は純利益が倍増

インドの電機大手バジャジ・エレクトリカルズが22日発表した2018/19年度(18年4月~19年3月)決算は、売上高が前年度比41.5%増の667億3,140万ルピー(約1,057億7,000万円)、純利益が約2倍の16億7,070万ルピーだった。家庭用と業務用の販売がともに好調で2桁の増収増益を達成…

関連国・地域: インド
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド政府は25日、ア…(01/27)

日系機械が販路拡大狙う 製造業に潜在需要、11社が出展(01/27)

スズキ、小型車「エスプレッソ」の輸出開始(01/27)

MGモーター「ZS」、208万ルピーから(01/27)

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

スズキ、インド生産の完成車輸入が大幅減少(01/27)

バジャジとトライアンフの提携、正式に始動(01/27)

二輪TVS、電動車市場に参入(01/27)

二輪レンタルのバウンス、1億ドルを調達(01/27)

二輪車の需要弱く、BS6値上げで=ICRA(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン