• 印刷する

ゲーミングディスプレー出荷量、ASUSが1位

台湾の市場調査会社、集邦科技(トレンドフォース)傘下で液晶ディスプレー市場調査会社のウィッツビューが発表した世界のゲーミングディスプレーの企業別出荷量予測によると、2019年はパソコン(PC)世界大手の華碩電脳(ASUS)と宏碁(エイサー)がそれぞれ100万台を突破し、3年連続で上位2位を占める見通しであることがわかった。

ウィッツビューによると、19年はASUSとエイサーがそれぞれ1位と2位、オランダ系電機大手フィリップスと冠捷電子(AOC)が2年連続で3位につけ、出荷量はそれぞれ100万台を超える見通し。ASUSはゲーミングモニターの製品ラインアップを強化、エイサーは高解像度製品や周辺機器を積極的に展開しシェアを拡大すると予測した。19年の世界のゲーミングディスプレーの出荷量は、前年比46%増の790万台に上るとみている。

18年の世界のゲーミングディスプレーの出荷量は540万台で、17年比112%増加した。各企業がゲーミング関連製品の生産を拡大していることに加え、新たに参入する企業が増えたことが数字を押し上げた。

18年の出荷量を伸び率でみると、曲面ディスプレーを主力商品とする微星科技(MSI)が最高で、前年から3位以上順位を上げ5位に入った。

トレンドフォースの王靖怡・資深研究経理はゲーミングディスプレー市場の活況について、「近年はパネル業者やディスプレー業者だけでなく、これまでディスプレーを販売したことがない業者も参入してきている」と分析した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

蔡総統、再任へ第一関門突破 民進党予備選、頼氏の夢敗れる(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

中台連合傘下へ追加策、再建は正念場(06/14)

台湾二輪キムコが工場、ビワディで年20万台(06/14)

グーグルが「中国離れ」、台湾などに生産移設か(06/14)

可成、台湾と東南アジアで拠点拡大へ(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

ラーガン、スマホ新機種増で生産ライン満載(06/14)

和大董事長、19年売上高は「8~10%減少」(06/14)

南亜、米中対立で5G向けPCBなど需要拡大(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン