• 印刷する

華為のグーグル取引停止、国内にも懸念

米グーグルが、中国の通信設備・機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対してスマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」の提供を停止したことを受け、ファーウェイ製スマートフォンユーザーの多いミャンマーでも懸念が広がっている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が21日伝えた。

■ミャンマーでのスマホシェア28%

ファーウェイによると、ミャンマーのスマートフォン市場で同社は28%のシェアを握る。ファーウェイ・ミャンマーのボブ・ズー副ゼネラル・マネジャーは、グーグルによるアンドロイド提供停止について「ミャンマー事業はこれまでと変わりなく、影響は受けていない」と説明している。

これに対し、国内のIT専門家は「グーグルのアプリが利用できなくなることは、ミャンマーを含む世界のファーウェイ製スマートフォン利用者にとって大きな問題だ」と指摘。ファーウェイがアンドロイドと同水準の独自のOSを開発することへの期待が聞かれた一方、早急な対応は容易ではないだろうとの見方も出ている。

グーグルの説明によると、既存のファーウェイ製スマートフォンではグーグルのサービスを引き続き利用できる。ただ、この先、ファーウェイが販売するスマートフォンにはアンドロイドが搭載されないため、新機種ではアンドロイド向けアプリ配信プラットフォーム「グーグルプレイ」、メールソフト「Gメール」、地図アプリ「グーグル・マップ」、動画配信「ユーチューブ」など、グーグルのサービスが利用できなくなる。


関連国・地域: 中国ミャンマー米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新たに2人感染確認、累計359人に=7日朝(08/07)

チャット高が再び進行 対ドル1350台に、輸出に悪影響も(08/07)

非公開所得の税率引き上げ反対、議会が対案(08/07)

第2波到来への懸念高まる、規制緩和で(08/07)

新たに1人感染確認、累計357人に=6日朝(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

ヤンゴンバス電子決済、新たに600台で導入(08/07)

軍系野党党首、ネピドーで下院選に立候補(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン