蛇にかまれ8万人超死亡、アジア最多=WHO

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日、コブラやまむしなどの蛇にかまれて死亡する人が世界で年間推計8万1,000~13万8,000人に上ると発表した。2030年までに死者数半減を目指すとして、被害の多いアジアやアフリカの途上国を中心に緊急医療体制整備を促した。 WHO…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

中間層拡大、モス展開の商機 合弁先CEO「20年前から視野」(06/14)

イオン、越の調達4倍を視野 25年に10億ドル「可能」=執行役(06/14)

保険市場成長に弾み期待 外資開放後、初のサミット(06/14)

テイクオフ:タイ出張中に訪れた西部…(06/14)

ミネベアミツミ、カンボジア法人に増資(06/14)

PLDT、本社再開発でNTTと協議(06/14)

【アジア三面記事】1万円超えの屋台めし(06/14)

ホンダ、「BR―V」新モデル発売(06/14)

日本にも自動運転技術を、ウーバーが普及に意欲(06/14)

西鉄、アマタ工業団地内に営業事務所(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン