蛇にかまれ8万人超死亡、アジア最多=WHO

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日、コブラやまむしなどの蛇にかまれて死亡する人が世界で年間推計8万1,000~13万8,000人に上ると発表した。2030年までに死者数半減を目指すとして、被害の多いアジアやアフリカの途上国を中心に緊急医療体制整備を促した。 WHO…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

団体旅行禁止、東南ア経済に打撃も(01/27)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/27)

アマタ会長=日系をミャンマーに誘致したい(01/27)

ラオス航空、熊本への就航を再延期(01/27)

【書籍ランキング】1月9日~1月15日(01/27)

日系機械が販路拡大狙う 製造業に潜在需要、11社が出展(01/27)

ブチルゴムを1.5倍に増産へ ソフトプレン、新工場を開所(01/27)

商船三井、火山噴火の被災者に1万ドル(01/27)

AI融資の日系デジクロ、120万米ドル調達(01/27)

新型肺炎死者56人、武漢の邦人は希望者帰国へ(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン